4ヶ月検診・BCG

平成14年 7月10日(水)

堺市は3〜4ヶ月検診と言う事で、保険センターから通知が来ました。
その日はツベルクリンと2日後BCG予防接種の案内でした。
幸一郎は7月10日でした。

おばあちゃんの運転で、近くの保険センターに行きました。
前もって届いた申し込み用紙、書類を受付し、
この時に、今後の検診、予防接種の予定表等の書類を頂きます。
40人位、幸一郎の様な赤ちゃんが居ました。
成長の差がホントに色々居て圧巻でした。
幸一郎は29番目。まず問診がありました。
今の所、何の悩みもトラブルもないので無難に終了。
次、身体測定。
身長62.8cm 体重6350gとっても小柄。標準ライン下ギリギリ...
次は診察。
ちょっと小さいけど、成長過程や運動量では早いくらいだし、
粉ミルク足したりしなくても今のままで充分と言う事でした。
そしてツベルクリン。
幸一郎初めての注射でしたが、針をさした瞬間少し泣いただけで
その後はすぐケロッとしてました(⌒ー⌒)
-検診終了-
とっても楽しかったです。
見た目でも、幸一郎はとっても小さかったですが、
じっと寝ている子が多かった中、首もしっかりして
寝ッ転がってもバタバタ遊んでる幸一郎がしっかりして見えました。
4ヶ月の赤ちゃんって、
もっと赤ちゃん赤ちゃんしてたんだな〜って思いました。

..そうとは思ってても、やっぱり小さい事が気になって、その後数日は、
粉ミルクを何とか飲まそうとして、幸一郎を泣かせたりしました。
でも、「小さくても元気で健康ならいいかな」って思う様になり、
離乳食で補えるものを頑張って与える様にしました。

     

離乳食講習会・BCG


平成14年 7月12日(金)

1日目に比べ赤ちゃんは少なかった様です。
離乳食講習会を受けている方も20人程でした。
講習中、時間が経つにつれ、
他の赤ちゃん達の機嫌が悪くなり、
だんだん賑やかになってきてました。
目の前で調理した離乳食を味見する頃には、
赤ちゃんをあやすお母さんの声や
あちらこちらで泣き声も聞こえ、
大変な盛り上がりでした。
そして検温の後内科検診があり、
BCG注射を打ちました。
全部主人が幸一郎を抱っこして回って
私はビデオとデジカメ係をしました。
幸一郎は内科検診から既に泣きに入っていて
BCGの後もしばらく泣いてました(⌒▽⌒;)
私は結核予防の無料レントゲンを撮りました。


         




↑   
離乳食講習会


   ↑
カメラを向けると泣き止む幸一郎

   

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス