ハロウィーンの由来と歴史

ハロウィーンは、紀元前5世紀ごろのアイルランドの
ケルト民族の暦に関係があります。
当時ケルトでは、夏は10月31日で終わることになっていました。
その日には Samhain(ソーウェン)と呼ばれるお祭りがあり、
ケルトでの新しい年が始まる前日(つまり、大晦日)だったわけで、
これがハロウィーンの原形だと考えられています。
この日には、前の年に亡くなった全ての魂がこの世に舞い戻って来て、
生きている人間に憑りつこうとします。
それは霊魂がこの世に舞い戻る最後の手段だと信じられていました。
身体を乗っ取られてはたまらない村人たちは、
10月31日の夜には家の明かりを全部消し、
火の気もなくして、死んだ魂たちが寒くて入って来れないようにしました。
それだけではなく、出来るだけ恐ろしい鬼のような姿になって、
大騒ぎでパレードをし、憑りつく肉体を探している霊魂を
怖がらせて近づいて来れないようにしました。
これがハロウィーン当日、魔女や悪魔の扮装をする
風習の元になったと言われています。

日本の大晦日とお盆が一緒にやって来ると考えて下さい(⌒▽⌒;)

Trick-Or-Treat の由来

現在アメリカで一般に行われている
「いたずらかごちそうか (trick-or-treat) 」の習慣については、
ケルト人のものではなく、9世紀ヨーロッパの souling
という風習から来ていると考えられています。
11月2日、万聖節に、初期のキリスト教徒たちは村から村へ
「魂のケーキ (soul cakes) 」を乞いながら歩きました。
soul cake とは四角く切ったほしぶどうのパンのことです。
差し出す soul cake が多ければ多いほど、
亡くなった人たちに対して、多くの祈りが捧げられることになっていました。
当時は亡くなった人の霊魂はしばらくの間
「古聖所 (limbo) 」にとどまっていると信じられていて、
見ず知らずの者の祈りでも、
その魂が天国へ昇る助けになると思われていたからです。
これがアメリカに渡って、現在のように、
子供たちが家々を回って、お菓子や果物をねだる風習になったと思われます。

Jack-O'-Lantern の由来

ハロウィーンと言えば、カボチャの提灯ですが、
その風習は、アイルランドの民話から来たと言われています。
アイルランドの民間伝承 (folklore) では、
いたずら好きでのんべえで知られているジャックという名前の男が、
悪魔サタンを騙して木に登らせた上、その木の幹に十字架を彫り付けて、
悪魔を木から降りてこれなくしてしまいます。
そして、金輪際ジャックに対して悪いことはしない、
と約束させて悪魔を逃がしてやります。
時が経ち、ジャックは死んで天国へやって来ます。
ところが、これまでの悪業のために天国へ入れてもらえません。
ジャックは仕方なく地獄へ降りてきますが、
悪魔を騙したということでここでも門前払いにあいます。
ジャックが途方にくれていると、
悪魔がやって来て僅かに燃える光を手渡します。
もうジャックにはこの火しか持ち物がなくなってしまいました。
ジャックは、その火が消えないようにくりぬいたカブの中におき、
そこからもれる光をたよりに、
寒い闇の中をさ迷い続けていると伝えられています。
このお話が元にあって、アイルランドでは
ジャックズ・ランタンにカブを使っていました。
今日アメリカでくりぬいたかぼちゃを使うのは、
カブよりも丈夫で整形しやすく日持ちもいいため、
こうした習慣がアメリカ風に取り込まれたためだと言われています。

幸一郎のハロウィーンパーティー

平成14年 10月31日(木)
私が子供の頃から好きなハロウィーン!
ここは日本ですから、
ハロウィーンを真面目に受け取っている訳でなく、
毎年『ハロウィーンパーティー』と託つけて、
うちに友達を招待するのを楽しみとしています。

前日から、訪問客が多く、
MINATUさんのサンタクロースに
ショックが大きかったのか、
夜泣きがヒドかった幸一郎(>_<)
今日も皆の仮装に敏感に反応して
泣きっぱなしでした!(⌒▽⌒;)



幸一郎初めてのハロウィーンの仮装は、
去年も家族で来てくれた友達が、
『今年のハロウィーンに着てね』ってくれた
プーさん変装グッズで、プーさんになりました!
サイズもぴったりで、とってもキュート!!

姉はなんちゃって女子校生、
妹は謎の中国人、
妹の友達はミッキーマウス、
そして私は魔女!





どろろんえん魔君じゃないよ(⌒▽⌒;)
幸一郎に散々怖がられました!
泣き過ぎて、鼻が真っ赤な幸一郎(^^;)

昼過ぎに近所の幸一郎の
同級生の桃花ちゃん、
政伍君が来るのを待って
脅かした所、
ビックリして泣いたのは
幸一郎だけでした(^^;)
桃花ちゃんはトナカイさん、
政伍君はトラさんになってました。




姉の家にニュージーランド在住の
友達親子がステイしてて、
とうとう明日
ニュージーランドに帰るそうです。
今日のハロウィーンパーティーにも
来てくれる予定でしたが、
子供のベンジャミンが風邪が治らず、
パーティーは無理でしたが、
今日最後の晩餐の後
うちに来てくれました。
ニュージーランドは
ハロウィーンがないので、
ベンジャミンはハロウィーンを
知らないのですが、
うちの前で幸一郎と写真を撮って帰りました。

そして最後のお客さんは、
私の中学時代からの友人。
ネズミになって幸一郎と記念撮影。
幸一郎の初ハロウィーンは
こんな2日間でした。

    

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス